雨漏り防止対策

コラム

雨漏り防止対策 その2

コロニアルの屋根には棟に押えトタンがあり、中にある長押しという板に釘で押さえています。下記のような図になっています。

屋根の施工によって差はありますが、風圧や建物の振動によって釘が浮いています。下記のような図になっています。

ステンレスの釘が使われているケースがまれにありますが、通常の釘を使用しているケースが大半です。
通常の釘ですと、当然錆びてきますし、抜けやすくなっています。なぜステンレスを使用しないのでしょうか?下記内容が挙げられます。

①ステンレスネジより安価である。
②簡単に打ちつけることが出来る。(ネジ穴をあけないと入らない。)

浮いた釘を放置すると、強風でトタンが飛ばされ、雨漏りの原因となるので、屋根の塗り替えの際には、ステンレス製のネジに打ちかえることが重要なポイントになります。

ページの先頭に戻る

施工エリア

【東京都】町田市、稲城市、府中市、国立市
【神奈川県】相模原市、横浜市、座間市、大和市、綾瀬市、海老名市、厚木市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、秦野市、藤野町、城山町、寒川町、愛川町、清川村

会社概要

有限会社 辰巳塗装店
〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名5587-13
Tel : 042-763-2431
E-mail : info@tatsumitosou.jp